毎日夢をかなえてくれた♪ って、本当そう思う。


by naoxcha
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

19回目 '11.12.27~12.31 1日目

前回18回目の渡韓から約3ヵ月後、息子と娘2と一緒の旅。
息子は始めてのソウル。(済州島には行ったことあるけどね^^;)

約3ヶ月前に息子に「一緒に行こう!」と誘ったのだけれど、そのときは気乗りしない返事・・・
なので今回の旅行はやめておこうと思っていた。
けれど突然、その2週間後に「やっぱり行こう!」と言ってきた。
あわてて飛行機の手配をしたけど、2週間前より値上がりしてるし。
1週間ぐらいは滞在したかったけど、すでに帰りの日にちは選択肢が限られていて4泊のみの滞在となったのであります。

出発は27日のアシアナ便20:20 羽田発。
1人の時とは違い、余裕を持って家を出る。
娘2は飛行機で食事することが苦手なので、あらかじめ羽田で食事。
免税店で買い物をしていたら30分前の登場開始時刻に・・・
で、掲示板を見ると出発が10分早く20:10になっているではないの?
早く出発することってあるんだね。

搭乗して何のビデオ見ようかなあ・・などと迷って、操作におろおろして、やっと見始めたと思ったら金浦空港に到着。
前回スマホを借りたらすごく役にたったので今回も借りようと思ったら、あいにくその貸し出しのショップはすでにしまっていて・・・
でも、ホテルに到着時間を知らせておかないといけないので携帯をレンタルしました。
(日本から韓国へのかけてみたけど繋がらないのよねえ・・・私がかけ方知らないだけ?)
レンタルしてすぐホテルに連絡して、A-Rexでソウルに向かいます。
以前A-Rexって覚えてから、この名称だと思い込んでるんだけど、まったく表示がないのが不安・・・
チケット買ったはいいけど、ホームでおろおろしていたら親切に「何かお手伝いすることありますか?」と若者が声をかけてくれた。
「ソウル駅に行きたいんですけど・・・」と言ったら「この電車の終点です。」と教えてくれました^^
韓国ってこんな親切な人が多いのよね。

思っていたよりあっという間にソウル駅に到着。
これからがまたちょっと不安・・・
ホテルのクチコミに場所がわかりづらいとのクチコミが多かったから。
曲がり角を一つ間違えておろおろしたけど無事にホテルに着きました。
日本のサイトじゃなくて格安サイトでとったから条件がうまく伝わってなくて、喫煙ルームを希望したらスイートルームに案内されました。
でも、ただ広いだけでスイートルームな感じはしません。
無駄に収納が多いし。
でも、寝心地のいいベッドで気持ちよく休めそう。

さて、翌日の28日から行動開始。
まずはホテルから歩いていける南大門を目指します。

改修工事の続いている崇礼門がこれ
a0137242_10355371.jpg

朝ごはんがまだだったのでとりあえず食堂に入ってサムゲタンとトガニタンを食べました。
トガニタンって初めてだけど牛スジのスープです。お味はいまいち・・・

こちらはサムゲタン。息子はここのキムチを絶賛!!!私はカクテキがおいしかったんだなあ・・・
a0137242_10361553.jpg

食堂の外観。コグリョサムゲタン。南大門市場のはずれです。
調べてみたら明洞のロッテ百貨店の11階にも同じ名前のお店が・・・
a0137242_10363122.jpg

そして南大門市場へ。
娘2が2年前のブーツをはいてきたら足が痛いというので探します。
ムートンブーツはいろいろあるけど安いのを履いてみたら足にあわないらしく痛いと><
ちょっと高めのサーモンピンクのを履いてみたらちょうど良さげ。
58000ウォンと言われたが「カッカジュセヨ」と値下げ交渉。
53000ウォンで承諾したが財布を見ると1000ウォン札が2枚しかない。
52000ウォン出したら「それでいいよ~」と店員さん。
「やった~」と喜ぶ。

そして娘2は手袋も購入。
息子は皮の手袋を探して購入。
呼び込みで多いのが「完璧な偽者だよ~」と叫ぶ姿
これって^^;
堂々と呼んでおいてこっそりと部屋に通され、スーツケースに入った完璧な偽者を見せられる。
完璧な偽者にしては高い。
そもそも私は本物でもブランドに興味ないし。

そして南大門でいちばん受けた事件が「東大門事件」
その真相は・・・。

「おにいさん、東大門開いてるよ~」と声をかけられた息子。
日本で言う「社会の窓」が開いていたのだ。
ひょえ~~

次に向かったのがソウル初めての息子のために明洞。
まずは両替。
空港よりもレートがいい。
私は友達に頼まれたグンソクがイメージキャラクターのネイチャーリパブリック。
グンソクパッケージのパックはおまけでしかつかない。
10個入りのパックの中の一つがグンソクパッケージ。
仕方ないので10000ウォンでそれを購入。

次はバビファット
特に買いたいものはないんだけどFTIslandにつられてお店に入っちゃった^^;
以前ほしかったカタツムリのフェイスパック、半額になってるからってすすめられ・・・
でも50枚入り50000ウォンってたくさんすぎだし。
「定価でいいから5枚ください」
店員さん、準備をしながらも「こっちのほうが絶対お得だから」と50枚入りをすすめる。
「じゃあFTIslandのグッズくださいね」と私。
店員さん、仕方ないわねえ、って感じで承諾。

写真左上のポスターをおまけで付けてくれました^^
a0137242_10365689.jpg

(でも帰ってから某マーケットで15枚600円台送料無料ってのが・・・ショック!!!)
初めてのソウル旅行の息子のためにと行った明洞でしたが、息子は何も買いませんでした。
が、通りすがりに恐ろしいものが目に入りました。
さっき娘2に買ったものと同じブーツが、なんと半額以下の25000ウォンで売っていたのです。
すっごくショッキング!!!

でも、そんなことは忘れないと。
次は私も初めてで楽しみにしている北村(プッチョン)です。
明洞から忠武路で乗り換え安国駅へ。
(忠武路は娘2も長いエスカレーターで岩のトンネルだということ、覚えていました)
いつもは仁寺洞へ行くので南側に向かうのですが今回は北側へ向かいます。

そんなにお腹はすいてないけどお昼時なので手ごろなお店に入ります。
ポックンチャンポンと揚げ餃子、酢豚をチョイス。
酢豚が私の好みには合わなかった。
まるで料理したてのころ、適当に作って失敗した時の酢豚の味。
豚も衣が厚くてお肉なんだか餅なんだか・・・
確認したけど確かに餅だったし。
ポックンチャンポンはおいしかったんだけどな^^

お店の外観はここ。北村へ向かう途中です。
「ホンコンバンジョム0410」 弘大店がソウルナビに載ってます。
a0137242_10371687.jpg

そこからまっすぐ向かった正面が「冬ソナ」でチュンサンやユジンが通う高校です。
右手前のお土産やさん、テレビで見たことある!
a0137242_10373617.jpg

うわあ、まさしくここ!
a0137242_10381182.jpg

「ユジンの家」からおばさんが出てきて「この先がいい眺めよ~」と教えてくださる。
a0137242_10383459.jpg

韓屋すてき!
a0137242_10385199.jpg

謹賀新年って感じ
a0137242_1039711.jpg

韓屋が並ぶ並ぶ
a0137242_10394853.jpg

振り返って見上げてもいい感じ
a0137242_1040669.jpg

さて一周したので一休み。
でもお目当ての「チャマシヌンドゥル」はどこでしょう。
ちょうど近くにいた観光案内のお姉さんに尋ねて教えてもらいました。
ここですね!
a0137242_10402719.jpg

私はジャスミンティ、息子は名前忘れたけどこれまた中国茶、娘2はオミジャ茶。
中国茶の煎れかたが複雑で見よう見まねでやってる息子がおかしい^^
a0137242_10404697.jpg

カボチャ餅、ほんのり甘くておいしかった。
a0137242_1041481.jpg

ほ~んと安らげるカフェでゆっくりしちゃいました。
息子は眠っちゃってたし。
いつの間にか外も薄暗くなってきて・・・
a0137242_23142635.jpg

そこを出て仁寺洞に向かうころには雪が舞ってきました。
ゆっくり見てまわるより早くホテルに戻りたくて早足で通り過ぎます。

夕飯は適当にコンビニで買ったもので済ましたように思います。
で、ホテルの地下にあるサウナに行きゆったりしました。

そう、翌日の予定を決めないといけないので、ロビーにあるパソコンを使いました。
30分3500ウォンでパソコン使用のIDとパスワードを購入します。
ところがこのパソコン、動きがのろくて調べたかったこともろくに調べられずじまいでした。
がっかり。

息子は翌日DMZツアーを予約。
みんなで行こうと思ったんだけど子供はダメだからって息子だけ。
後から知ったんだけどこの日、金正成日総書記のお葬式だったのですね。
でも、韓国側は通常通りツアーもやったってニュースになってました。
その翌日の参加ってことですね。
なんか感慨深い。

そんなこんなで1日目終了です。
[PR]
by naoxcha | 2012-01-03 12:16